Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://192533t.blog.fc2.com/tb.php/18-2e0a2841

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

一生一緒

あなたにとって犬とは何ですか?

家族

パートナー

身近な動物

癒し

では、犬にとって人間とは何でしょう?

犬は大昔から人間のパートナーでした。

犬は人類の歴史の中で一緒に歩んできた

唯一の哺乳類です。

犬が生きていく場所は人間社会しかないのです。


『犬のしつけ、ここから』のセミナーに行ってきました。

犬の起源はオオカミというのは周知のことですが、

犬が進化してきた背景は諸説あり、いまだはっきり

していません。ただ云えることは、犬も人もお互いを

パートナーとして選んだという事実です。

犬は人との共存の中で、数千年という歳月をかけて

人の養育本能を刺激するように自らネオテニー化(幼形成熟)し、

頭の割りに大きな目(瞳孔も丸い)、垂れた耳、丸く短い尻尾、

全体的に柔らかい特徴を持つ体へと変化してきました。

人も役割に合わせて犬に改良を重ねて交配させてきました。

機械化された現代においては、犬の仕事としての役割は減少し、

犬は愛玩動物として人間社会の中で生きていくことになります。

余談ですが、極小のチワワから子馬のように大きいアイリッシュ・ウルフハウンドまで

哺乳類の中でこれほど個体差のある種族は他にはいません。

アイリシュウルフハウンド2チワワ

こんなにも同じ犬族同士で大きさが違うのに、同じ仲間として認識できるのでしょうか?

それが出来ているという実験結果がでています。それも嗅覚ではなく視覚で!!

犬は近視で、色の識別能力もセピア色のようなものと言われていますが、

動体視力は人の4倍、夜間は人の3分の1の明るさで見えるようです。

犬がテレビを観ると動画ではなく、コマ送りにしか見えないそうです。

知能は人間で言うと2歳から5歳(これも諸説あって幅が広い)と言われていますが,

身体能力に関しては卓越したものを、犬族は兼ね備えています。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://192533t.blog.fc2.com/tb.php/18-2e0a2841

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

karin papa

Author:karin papa
50歳過ぎて、何故か癒し系ドッグトレーナーを目指しはじめたおっさんです

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。