Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://192533t.blog.fc2.com/tb.php/24-1a5c6ddc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

動愛法改正交流集会に参加して感じたこと

『動愛法改正交流集会 実験動物の福祉と登録制』が、衆議院会館で開かれ参加してきました。

そもそも動物愛護法すら理解できてない自分にとって、実験動物の福祉とは何か?

動物実験をする側と動物愛護側との意見交換の3時間はあっという間でした。


今まで知らずにいたこと

動物の権利論に基づけば、動物の権利を人が侵すことはできない

家庭で伴侶動物を飼育するのも動物の権利を脅かすことになる。


日本は実験動物の環境基準が曖昧でガイドラインがない。


動物愛護法に限ったことではないが、できる限りとか配慮とか自主規制とか

具体性のない曖昧な表現が多い。


などなど、知らなかったことばかり


中でも実験動物と実際に向き合っている実験動物飼育者の方の『看護的飼育管理』という概念

実験動物に対する福祉がどこまで実践可能なのか

痛みや不安、恐怖などをどれだけ軽減してあげられるのか


動物を実験する側もやはり保健所の職員と似た、心の痛みがあるのだなと感じました。


いつかは日本も動物愛護先進国と呼ばれたい。


『その国の偉大さと道徳的な発達の程度は、動物の扱い方によって測られる』


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://192533t.blog.fc2.com/tb.php/24-1a5c6ddc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

karin papa

Author:karin papa
50歳過ぎて、何故か癒し系ドッグトレーナーを目指しはじめたおっさんです

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。